不眠の原因は遺伝。眠れないことが普通だった私の話

【体験談】不眠の原因は遺伝。眠れないことが普通だった私の話

遺伝で不眠? (K・Hさん 20代)

不眠の悩み体験談

 

K・Hさん 20代
印刷会社勤務 埼玉県

私の不眠はズバリ、遺伝です。

 

祖母が不眠症を抱え、それを母が受け継ぎ、私に至っている、遺伝性不眠なのです。

 

子供の時からなぜか夜寝られない日がある、私にとって不眠はごく普通、ただの日常の一コマにすぎません。

 

夜寝られないと次の日が体力的にキツい、でも体力の有り余っている子供にとっては大きな問題ではありません。

 

それで特に対処法を考えることもなく過ごしてしまいました。

 

しかし大人につれ責任が増し、重要な用事も増えてきます。

 

面接、会議、出張など、決して失敗してはいけない重要な場面がたくさんあります。そうすると夜寝れなかったばかりに次の日の重要な場面で集中できない、そんな事態を回避しなければなりません。

 

それで自分の不眠に真面目に向き合うようになった私です。

 

 

不眠対策をしなければ!

そうした意識が芽生え、不眠に関してアンテナを張りはじめました。

 

すると自分の周りで多くの人が不眠症に悩まさせていることを発見!今までも耳にしていたんでしょうが、スルーしていたんですね・・・

 

結局私は同僚の勧めで睡眠系のサプリを試してみました。

 

量は規定量の半分。

 

同僚は毎晩服用しているとのことですが、私はいざどうしても眠れないという時だけ。

 

これが本当に効果抜群。ぐっすり眠れて朝爽快なんです。

 

もちろん会議中の集中力も抜群、仕事にも精が出ます。

 

改めて睡眠の大切さを感じました。

 

最初は睡眠サプリを飲むのに抵抗を感じていた私ですが、睡眠薬と比べればまだマシだろうと思って始めたのは正解でした。今やなんのその。

 

自分で自分の睡眠をコントロールする、これができて初めて自分の生活習慣リズムを自分で形成することができるのではないでしょうか。

 

自分の睡眠に振り回されない、自分が睡眠をその時の必要に合わせて調整するのです。

 

そのためにはむやみやたら睡眠サプリを服用してはなりませんし、睡眠薬を過度に避けてもなりません。

 

まずは自分の不眠についてよく知ることです。

 

その後どうしても寝れない!そんなピンチの時に薬で睡眠を改善し、自分の体調を最適な状態に調整するのです。

 

 

麦茶も

さらに私は夜就寝前にある麦茶を飲み始めました。

 

テアニンという睡眠改善効果があるアミノ酸の一種の働きが望める麦茶です。

 

これも私には効果ありでした。

 

今日は夜寝れそうにないなあと思える就寝前にこの麦茶を飲みます。

 

毎日は飲みません。

 

コントロールが必要だと事前に思う時だけです。入眠もバッチリですし、睡眠の質も良い。

 

睡眠薬にまだ抵抗のある方には気軽に試せてとてもオススメの睡眠改善方法です。

 

是非ご参考に。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

リラクミンse情報まとめ

関連ページ

激務で不眠に・・
世間では何かと話題になる残業。今でこそ徐々にそれを減らそうという機運が高まりつつありますが、末端までそれが伝わり切るのはだいぶ先になりそうです。ここではそんな残業や激務のせいで不眠の憂き目にあっているATさんの体験談をご紹介します。
自分が不眠症になるだなんて…
それまで当然のように出来ていたことができなくなった時の苦しみは筆舌に尽くしがたいものがありますよね。睡眠とてそれは例外ではありません。毎日当然のように眠っていたのが眠れなくなってしまっては肉体的にも精神的にもかなり苦しい状況に追いつめられます。今回はそんな状態になってしまったYMさんの体験談をご紹介します。
不眠と育児ノイローゼに悩まされ
今でこそ育メンなんて言葉が作られるようになりましたが、依然として育児は男性より女性の仕事であることは否めません。肉体的にも精神的にも大変な育児はストレスも多く、それを起因として不眠にまで発展してしまうこともあります。ここではそんな育児を理由に不眠に悩んでいたENさんの体験談をご紹介します。
さっさと寝ることで酒断ちに成功
生活の中でストレスなどがあるとついついお酒の力に頼りたくなる瞬間がありますよね。体に良くないと分かっていても止められないお酒は依存性のリスクもあり、危険なのですが、本人もそれは分かっていても中々やめるのが難しいのが難点です。ここではお酒に振り回されていたSOさんの体験談をご紹介します。